ノープランからの、うまさぎっしり新潟秋のスタンプラリーで新たな出会いと発見の秋ドライブ。

南雲純子
南雲純子

黄金色が郷を覆う、実りの秋がやってまりました。この時期どこをドライブしても大変美しく楽しいものです。通常、予定をきっちり立ててからドライブなり旅行なりをするのですが、今回は60代の母と出かけてきました。 彼女の旅はいつも偶然の出会いにまかせるパターン。ということで、今回は何も決めずにドライブすることに。いや~ドキドキです。 毎回、誰と旅行にいくかと妄想しているこの企画ですが、今回は相方がおりましたので自分の実年齢を少し上げて、おばちゃんふたり組の“突撃うまさぎっしり新潟スタンプラリー旅”。ということでスタート!

うまさぎっしりスタンプラリー(もよりの観光協会・掲載店・SAPAで入手可能)のパンフレットを握りしめ関越道塩沢石打ICから向かったのは、ICからすぐの魚野の里と魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ。残念ながら少し早くナトゥーラがまだ回転していなかったため、魚野の里へ。(*スタンプ設置場所:魚野の里インフォメーションカウンター)。新潟県内、魚沼の土産ものが揃った物産館。スタンプラリー冊子に添付されたクーポンを利用すればお土産やスイーツが10%引き♪

ここには、よもぎ味のソフトクリームにイナゴの佃煮が乗った“あぜ道ソフト”なる名物ソフトクリームがありインスタ映えもしそうなので興味と勇気のある方はぜひ。スイーツコーナー営業時間前に訪れたので残念ながら(いや、ラッキー)写真はありません。

さて、次に訪れたのはうおぬま倉友農園直営おにぎり屋。魚沼といったら米でしょ。米と言ったらシンプルにおにぎり食べたいでしょ。まだ新米ではないものの、塩沢産にこだわったこのおにぎりはおすすめなのです。 ここでもスタンプが押せます (*スタンプ設置場所:イートインコーナー。)

店舗でも食べられますが、田んぼを見ながら食べたくて少し移動。

朝ごはんは食べたし、横澤夏子さん表紙のうまさぎっしり新潟のパンフレットを見ながら、だいたいのエリアを決めていきます。うん。長岡・柏崎エリアにしよう。醸造のまち 摂田屋、長岡野菜。お昼はあさひ山蛍庵もゆったりとしていていいよね。と。

南魚沼出発からの長岡ルートと決まったので、スタンプラリーのパンフレットと見ながら、その間どこを立ち寄ればスタンプがたくさん押せるかをチェックし、以下の二つに次の目的地を絞る。
・物産館 深雪の里(スタンプ設置場所:正面玄関)
・川口きずな館(スタンプ設置場所:館内スタンプコーナー)

物産館では、まずは野菜の直売所へ。これおばちゃま共通の行動パターン。

夕陽のころの眺望が特に素晴らしく泉質も良いえちご川口温泉の先に、こんな絶景カフェがあったなんて知らなかった。

まず衝撃を受けたのは、その絶景。
そして、震災復興への想い。
大切な人への想いを伝えることの大切さを改めて考えるひと時。

Wi-fiも可能、珈琲も100円。
近かったらオフィスにしていくらいの環境。クーポン券を利用すればこの珈琲も1杯無料になります。復興支援の意味もありますのでその他のスイーツなどをあわせてご利用いただけるとよいかなと。

美しい絵葉書も2枚置いてあり、懐かしの大きなポストや受付で切手も用意され、たまには大切な人に手書きで想いなどをつづってみようかなという気持ちがわいてきました。

スタンプラリーって、ただ単にスタンプを押して何かに応募したりプレゼントをもらえたりするだけのものかと思っていましたけれど、知らなかったところにいくきっかけになったりご縁を結ぶものだと、この時初めて実感しました。

そんな私たちはここで、新たなスタンプラリーと出会ってしまったのです。

朝の予定では、長岡に向かい醸造の街を歩き、落ち着いたお店で和食ランチを食べるはずだった私たちが向かったのは、おぢや震災ミュージアムそなえ館。1週間ほど前に長期の東北旅行に行っていた母が「今月は被災地とご縁があるんだわ。」とひとこと。確かに新潟県民にとって忘れられない10月が近づいています。その前に防災意識を高めるのは大切なこと。今日はスタンプラリーを兼ねて防災について学ぼう!と大義名分を掲げてみました。

【おぢや震災ミュージアムそなえ館で開催中のスタンプラリー】
・うまさぎっしり新潟スタンプラリー(11月30日まで)
*クーポンで防災グッズプレゼント。
・中越メモリアル回廊 中越沖地震10周年&そなえ館リニューアルオープン記念スタンプラリー(11月5日まで)

おぢや震災ミュージアムそなえ館には、災害体験の伝承と防災学習研修施設で、国内文化施設では初の4D×3Dを搭載した新体感型地震動シミュレーションシステムを導入し、映像と光と振動と煙と匂いで震災を体感できるシアターがあります。一度に体験できるのは4名まで。

ちょうどお昼のころ合いだし、長岡向かう前にお腹がすいちゃったから小千谷で食べましょうと、クーポン関係ないけれど、大好きな暁天へ。
暁天のラーメンは味が濃すぎてね・・・という薄味好きの母におすすめの食べ方を伝授。ラーメンと一緒に「割りスープ」をもらうと好みの濃さに調整できるのです。割りスープはつけ麺の最後にもらうイメージですが、こうした使い方も可能です。味噌ラーメンひき肉増にしたりすると余計味がこくなるので、その時は私も割りスープで自分好きな濃さに変更させてもらってます。

 

昼食後は、長岡震災アーカイブセンターきおくみらい(うまさぎっしり新潟スタンプラリー・中越メモリアル回廊スタンプラリー)、かしわざき市民活動センター 中越沖地震メモリアルまちから(中越メモリアル回廊スタンプラリー) へ。

せっかく柏崎まで来たのだからと、第1回にも立ち寄った日本海フィッシャーマンズケープでお買い物をしスタンプをペタッ。その後、これまたクーポンで見つけた刈羽村ぴあパークとうりんぼピーチビレッジに移動し、炭酸泉に入ることに。もちろんここでもスタンプをペタッ。

 

・ぴあパークとうりんぼピーチビレッジではクーポン特典でハンドタオル無料貸出。ドライブの途中、予定せずに「突然お風呂に入ろう!」という時に、タオル無料貸出の特典は嬉しい限り。刈羽平野を望める露天風呂はホワイトイオンがたっぷりの癒し湯。内湯には人工ながら炭酸泉が用意され肌にすいつく無数の泡に癒されるひと時を過ごす。あまりにも景色がいいので写真を撮りたかったけれど当たり前ながらカメラNGのためここでの写真はございません。

 

その後、敷地内のスイーツガーデンへ。まるでおかしのおうちのようにラブリーな建物。ホワイトイオンと人工炭酸泉に癒されて少女のように足取りの軽いおばちゃんふたりがスイーツコーナーへ。

第1回でも登場したガンジー牛乳で作られたスイーツをまたしてもオーダー。前回はソフトだったけれど、今回はジェラートで♪

朝から夕方まで、両方のスタンプ、かなりいい線でついてきましたがコンプリートできず。やはり、新潟は広い。11月までとまだ余裕があるので、また挑戦することに致しましょう。

と言って、今日の旅が終わりかと思いきや、帰る前にスーパーや商店に立ち寄るのがおばちゃんの習性。道の駅で野菜を買って始まり、総菜を買って終わるドライブ。

この日の仕上げは地元で人気の激安鳥総菜屋さん鳥とく。から揚げ100g80円、焼き鳥1本30円。まるで昭和な価格です。なんだかほっこりします。

【高速道路がもっとお得に】

・ウエブサイトによる事前申し込みが必要ですが、お泊りや週末を利用しての新潟ドライブに【新潟観光ドライブパス】を利用すると、料金気にせず高速道路に乗り降りできていいですね。
・スタンプラリーの賞品の中にはハイウエイ賞もあるので、SA/PAで押したスタンプがあれば抽選で300人にQUOカードとお買い物券が当たるかも!

南雲純子
南雲純子
新潟県 出身
新潟県生まれ。雑誌・インターネット予約サイトじゃらんにて19年間、旅行・観光の仕事に携わる。『温泉・その土地でとれた旬を食べる・美しいものを見る・人とのふれあい・感動する・ぐっすり眠る・体験する・伝統歴史に触れる・ドライブ・絶景を写真に収める・情報発信』・・・好きなコトを並べてみたら、みんな旅先にあった。
 
趣味が高じて、温泉入浴指導員・温泉ソムリエ・国内旅行業務取扱管理者・調理師などの資格を取得。
 
2014年4月~2016年3月まで2年間、佐渡の観光行政に携わったため、実は地元ネタより佐渡に詳しい。佐渡を愛しすぎて今でも月に1回は必ず訪れ、日々ブログ佐渡旅にて情報発信を行う。
 
地域活性と観光に関わる会社を2016年10月に立ち上げる。今でもひと月の1/3はどこかを旅している。ニイガタドライブの取材を機に、これらは地元中越エリアにももっと出没しようと心に誓う。
 
【管理HP・情報発信ブログ】
■越後湯沢Active&Relax http://yuzawa.koiwazurai.com/
■佐渡旅 http://sado-tabi.blog.jp/  

体験コース

DRIVING COURSE

  • 1日目
【E17】関越自動車道 塩沢石打IC
魚野の里と魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ
うおぬま倉友農園直営おにぎり屋
物産館 深雪の里
川口きずな館
おぢや震災ミュージアムそなえ館
暁天
長岡震災アーカイブセンターきおくみらい
かしわざき市民活動センター中越沖地震メモリアルまちから
日本海フィッシャーマンズケープ
ぴあパークとうりんぼ
鳥とく

週間ランキング