車でスイスイ、長岡湯めぐり《後編》

月刊新潟WEEK! 編集部員 廣川穂奈美
月刊新潟WEEK! 編集部員 廣川穂奈美

前編を読んでない方はまずはこちら

車でスイスイ、長岡湯めぐり《前編》


続いて向かったのは、「純生あわの湯 寺宝温泉」。「麻生の湯」から20分ほど車を走らせて到着です。

さっそくお風呂へ♪

お湯があふれています。さすが、「源泉かけ流し」の上を行く「源泉かけすて」をうたっているだけありますね~!

ブクブクと泡が吹き出しています。ジェットバスみたいですが、天然ですよ~。

お湯につかると、地中のパワーが体に伝わるかのような感覚になれます。

ぬるめなので、ゆっくりつかれるのもよかったです。

地元の人に愛され続けている名湯。さすがでした。

ちなみに「純生あわの湯 寺宝温泉」さんは、現在発売中のWEEK! に掲載されています。

巻頭のクーポンを使うと、通常700円のところ500円で入浴できますよ!

クーポンは3月16日(金)まで利用可能なので、この機会にぜひ♪

ここにもカエルがいました(笑)

 

 

最後の目的地は、「温泉旅館 永久荘」です。

やっぱりカエル…(笑)

 

 

全国でも珍しい濃い紅茶色をした湯は、肌がツルツルになります。

昭和の面影を残す雰囲気がたまりません。

最後もカエル(笑)。長岡とカエルは何か関係があるのか…調べてみます。

 

こんな小さなエリアで、3つの個性豊かなお湯につかれる長岡市。

ドライブ途中に立ち寄るだけでなく、温泉目当てにドライブする価値のある名湯ばかりです。

春になったら、冬眠から覚めた麻生チャーリーに会いにまた行ってきます!

月刊新潟WEEK! 編集部員 廣川穂奈美
月刊新潟WEEK! 編集部員 廣川穂奈美
阿賀野市 出身

1993年 阿賀野市生まれ

編集部2年目。趣味は銭湯巡りと喫茶店巡り。新潟県内はもちろん、県外の銭湯を求めて遠出ドライブに行くこともしばしば。

山道を運転していると見つける、変なお地蔵さまや鳥居に魅力を感じる。

体験コース

DRIVING COURSE

  • 1日目
純生あわの湯 寺宝温泉

車で16分

温泉旅館 永久荘

週間ランキング