二回目です!謎グルメ「オッチャホイ」ってなんじゃらほい!~アルパカにも会ったよ!~

白岩ましろ
白岩ましろ

新潟に来てからずっと気になっていた謎グルメ。

あなたはご存知でしょうか?

 

その名も「オッチャホイ」

 

オッチャホイ!なんてインパクトのある語感。

初めて聞いたあの日から、語感の魅力に憑りつかれていました。

オッチャホイと聞くたびに、なぜか脳裏には祭りの風景。

赤い法被を着た男衆・女衆が神輿を担ぎながら、やんややんやと騒ぎ、掛け声はもちろん「オッチャホーイ、ホイッ!オッチャホーイ、ホイッ」そしてピーヒャラピーヒャラ夜通し踊るめくるめく日本古来の奇祭・・・いえ、失礼、取り乱しました。

 

とにかく、その魅惑の語感もつオッチャホイを新潟6年目にしてようやく食べに行ったんです!

いざ、新発田市にある“シンガポール食堂”へ!!

“皿オッチャホイ” “汁オッチャホイ”?!!!!

 

オッチャホイに種類があるなんて・・・!

恥ずかしながらオッチャホイの予習をしていない私。

とりあえず一番上に書いてあるからという理由で「”皿オッチャホイ“ください!!!」

とても感じの良い店員のお姉さんは「皿 1つでーす」とオーダーを通してくれました。

 

オッチャホイってどんな料理かな。わくわく

お店に着いたのは開店直後の11:30だったため、他にお客さんはいなかったのですが、お昼時になるにつれ続々と常連様らしい方たちが座り始め口々に「汁オッチャホイください」「今日は皿オッチャホイで」とオーダー。ベテランオッチャホイヤー達によって「オッチャホイ」という言葉がシンガポール食堂の中で繰り返されていました。いえ、オッチャホイヤー(意:オッチャホイを愛する人たち)なんて私が勝手に作った言葉なんですけど、オッチャホイの連呼によって、再び私の頭の中で、祭衆たちが威勢のいい「オッチャホイ」音頭をあげはじめ、そろそろ祭りが最高潮に達しそうなそのとき。

 

「お待たせしました」 ことん。

念願の、オッチャホイ。

こ、これが皿オッチャホイ!!!!!

 

平打ちの麵と、もやし、卵がからんで・・・

タイ料理のパッタイのような味わい。

美味しい!!ピリ辛なのが、またいいです。

米粉ではなく、うどん粉を使っているそうで、もちもち。

パサパサしていません。

酸味のあるスープもセットで提供され、これもマッチしてグッド。

 

オッチャホイ。

魅惑の語感とおいしさを兼ね備えていてノックアウトされました。

 

ますます興味がわき、お店の方に肝心の名前の由来について聞いてみました。

「オ、オッチャホイっていったいなんなんですか?(ごくり)」

 

「先々代がつけたから、私たちも分からないんですよね(にっこり)」

 

・・・あぁ、そんなゆるいところもすごく好き。

謎が謎を呼ぶオッチャホイ。

パッタイなどエスニックな料理が好きな方には、とくにおすすめです。

 

そして、アルパカに会えるという噂を聞いて、

少し足を伸ばして胎内市「樽が橋遊園(たるがはしゆうえん)」にも!

!!!やらにゃんだ!!!

胎内市のやらにゃんにもご挨拶。

レルヒさんをはじめ、県内ゆるキャラさんたちとは仲良くさせていただいています(笑)

 

さて、ここではエゾシカ、ポニー、ニホンサル、ダチョウ、アヒル、ツキノワグマ、などおよそ20種類の動物を見ることができ、アルパカと触れ合うこともできます!

 

触れ合うと言ったらやっぱりエサやり!

100円でアルパカのエサをGETしました!

あれ?これ見たことある・・・

 

モンスターボール!?!?!?

「アルパカ、GETだぜー!」

効果はてきめんで、カプセルを見せると、アルパカ3頭全員集合です。

 

もちろんカプセルは投げるのではなく、パカッと開けて中のエサをあげるものです。

 

みなさん公平にあげたいのですが、そこは弱肉強食。

とってもアグレッシブなこの子に、たらふくあげてしまいました。

精一杯もふもふさせていただきました。

アルパカちゃんたち、ありがとう。

 

これから迎える行楽シーズンは、県北エリアもおすすめです。

 

さて、オッチャホイの魅惑の語感によって、私のテンションがおかしいブログであることを、最後にお詫び申し上げます。大丈夫かな。。。

白岩ましろ
白岩ましろ
京都府京都市 出身

京都生まれ京都育ち★
新潟でたくさんの”好き”が増えています!
人はもちろん、海・山・雪・日本酒・海産物など、いっぱいの”好き”を大切にして、楽しい放送をお届けしていきたいです♪
好きな言葉は「思い立ったが吉日」!

体験コース

DRIVING COURSE

  • 1日目
【E17】関越自動車道 長岡IC

距離合計82.3km、所要時間合計55分

【E7】日本海東北自動車道 聖籠新発田IC

車で約10分

シンガポール食堂

車で約33分

樽ケ橋遊園