「第七回 我らが越後上越でぜひライブを~!(す、すみません、朝日池以外は、降雪前の画像です。そして、あっという間に 春にでござりまする〜)」

越後上越 上杉おもてなし武将隊
越後上越 上杉おもてなし武将隊

十吾郎「あ~(嬉)」

「みなみなさま~」

「我らがふるさと越後は新潟県上越市!晩秋から早春の風物詩です、遠く北の国から冬を運んで来る白鳥さんたちの鳴き声は、ほんにほんに大感動にござりまする!渡り鳥の聖地、日本ため池百選の朝日池や鵜ノ池(新潟県立大潟水と森公園)をはじめとした湖沼や広~い頸城平野で、生、生、生!ライブ(ライヴ)~が何よりにござりまする~」

十吾郎「はいっ!」

「NEXCO東日本さまの電脳本陣!ニイガタドライブ!我ら武将隊の出張武録!此度は、足軽組頭・十吾郎が、上越市で生の舞台、生演奏、生放送などのライブ(ライヴ)を楽しめる所、ニイガタドライブだけに、ライブについて紹介させていただきまする~」

十吾郎「………。」

「ときどき苦笑いを交えつつ最後までお付き合いよろしくお願いいたしまする~(汗)!先ずは、北陸自動車道の上越ICを降りて直ぐ、巨大なステンドグラスがお出迎えは上越のお土産物が揃いし上越観光物産センターです。

大ホールは今や上越のプロレスの聖地にござりまする~!

 

おとなりは、上越科学館を併設したリージョンプラザ上越!

小さなお子たちも熱い修練に励むアイスアリーナで拙者も華麗な滑り~はさておき、二階にはコンサートホールが!

そして、大河゛関川に架かる謙信公大橋を渡り謙信公大通りを進むと、大きく♪でで~んと、謙信公が春日山城跡が迎えてくださりまする!

最寄りの春日山駅の直ぐ近くが、観客収容数・上越一の大ホールを備えた上越文化会館!入口には、ニイガタドライブの出張武録、第5弾で紹介しました我らが上越妙高駅の東口広場に鎮座する馬上謙信公銅像の基となった木彫と製作過程も…。」

十吾郎「では!」

「往時の越後府中(府内)、湊町の直江津と城下町高田に場所を移しまする。新潟県鉄道発祥の直江津駅、駅前には図書館が入る直江津学びの交流館です!三八の朝市通りの近くには、ライオン像の家の名で親しまれています歴史ある旧直江津銀行が!さらに、日ノ本一飼育数をほこるマゼランペンギンさんが戻って来ます、この6月に生まれ変わる新・上越市立水族博物館「うみがたり」では、二頭のシロイルカが加わってイルカのライブが一年中楽しめるようです~(嬉)!

一方、高田城址に新たに誕生した市民交流施設゛高田公園オーレンプラザ!日本三大夜桜と謳われ夜はもとより早朝も日中も大感動の桜!東洋一と称され外堀を埋め尽くす大感動の蓮!桜と蓮でオーレン!拙者も名付け親のひとりです~の話しはさておき、ホールは音がほんにいいですぞ~!

高田本町通りには、洋風建築の趣ある旧第四銀行!雁木通りプラザの二階には毎月第4金曜日の公開生放送、すまいるカフェ・武将れでぃお~でお世話になっていますエフエム上越(FM―J)さんの雁木通りスタジオ!

高田本町商店街PRアイドル゛がんぎっこさんの聖地で我らも冬場お世話になっていますイレブンプラザの広場は近くです~!

直江津方面に進むと、まち歩きの拠点、雁木通りの石畳も風情ある町家交流館゛高田小町!向かえには、演劇も熱い熱い、日ノ本最古参とされる現役の映画館、高田世界館!

昨年の夏には華やかに結婚式も行われました~!そして、高田城の防御ともされ今も60以上もの寺社が集まる寺町には、親鸞聖人ゆかりで謙信公とつながりある浄興寺さまが…。本堂での太鼓演奏は圧巻ですぞ~」

十吾郎「そして!」

「新たな旅の玄関口、我らが上越妙高駅は、越後杉がふんだんな東口のもてなしドーム。

冬季間は東口広場のイルミネーションが行われています!

妙高山や南葉山を望むは西口の光のテラス!

その西口前のコンテナ商業施設゛フルサットさんの一角では、特設サテライトスタジオから上越と妙高のコミュニティーFM局さん共闘番組ナマ・ステが月に一回公開生放送にござりまする~」

十吾郎「そして、そして!」

「平成の大合併でひとつとなった13区(旧13町村)でみますると…。この10月三連休の中日、二年に一度の大開催は60kmの部もある、謙信公の郷゛えちご・くびき野100kmマラソン!大感動の両ゴール地点、頸城区のユートピアくびき希望館には小中学生の音楽発表会も行われる多目的ホールが!また、上杉軍の猛将、柿崎景家様のふるさと柿崎区には野球やサッカー、ラグビー場が一同に介する地に独特の形をした゛かきざきドームが!さらに、十日町市との境は、毎年2月最終土曜日、一夜限りの幻想的で大感動、雪と灯りの冬蛍が飛び交う゛灯の回廊の舞台のひとつ大島区。日本のチロルならではの大島多目的ホールふれあい館が!そして、越後では唯一、スイッチバックがある二本木駅を有し、縄文時代の暮らし跡がいっぱいな妙高山麓は中郷区の゛はーとぴあ中郷も!」

 

 

十吾郎「いや~」

「まだまだありまするが最後に野外ライブの情報をば!日ノ本に初めて一本杖のスキー術を伝えたレルヒ少佐の銅像を仰ぎ、日本スキー発祥記念館が建つ゛金谷山スキー場で毎年2月に大開催されるは゛レルヒ祭!そして、春のお花見は゛高田城百万人観桜会!もちろん夏は、お館様の謙信公祭!王国の日本酒をはじめ農業特区1号2号の゛どぶろく、日本ワインぶどうの父、生誕150年を迎える川上善兵衛さまが起こしたワイン、地ビールに野草酒、うんまいもんも目白押し!秋は大盛り上がりの越後・謙信SAKEまつり!!一年中、雪を活かした安塚区はキューピットバレイ(スキー場)!パラグライダーの聖地は尾神岳、大感動の眺めは板倉区の光ヶ原高原!日本海は直江津の郷津海岸!今年、開湯60年を迎える鵜の浜温泉、恋人の聖地゛鵜の浜海岸!などなど野外ライブ会場もいっぱいにござりまする~!ライブには、生きる、暮らすの意味も…。謙信公が義の心゛宿る越後上越!新潟県上越市で開かれるライブに参加する!演者や裏方としてライブを仕掛ける、支える!そして、まさにライブで移り住む!みなみなさまのお越しをお待ちしておりまする~!以上、此度は、上越へ来てもらい隊隊員、七色の声を持つ永遠の二十歳、足軽組頭、十吾郎がお届けしました~(礼)!」

 

 

 

 

お館様『喋り過ぎの口軽足軽~(呆)!』

 

 

 

十吾郎「あ、あ~(汗)!」

「白鳥さんたちの北帰行が始まっています〜(哀)!」

 

 

 

 

 

 

 

第93回 高田城百万人観桜会

2018年4月6日(金)〜4月22日(日)予定

越後上越 上杉おもてなし武将隊
越後上越 上杉おもてなし武将隊
新潟県 上越市 出身

2011年4月29日 越後上越を盛り上げる為、戦国時代より蘇った上杉軍。
越後の龍「上杉謙信公」を筆頭に、二代当主「上杉景勝公」、女武者隊隊長「まつえ」、足軽組頭「十吾郎」、足軽「つばめ」が春 日山城跡を中心に日々「おもてなし」という名の戦を展開中!

【主な活動内容】
・上越市埋蔵文化財センター・春日山城跡でのお出迎え・ご案内
・週末など開催の「春日山城おもてなし演武」の披露
・ブログやSNSを使った観光情報発信
・新潟県内外、上越市内外での祭り・催事でのステージパフォーマンスや会場賑やかし

体験コース

DRIVING COURSE

  • 1日目
【E8】北陸自動車道 上越IC
上越観光物産センター・リージョンプラザ上越
上越文化会館
市民交流施設 高田公園オーレンプラザ
エフエム上越雁木通りスタジオ
高田世界館
浄興寺
上越妙高駅
コンテナ商店街「フルサット」
金谷山スキー場・日本スキー発祥記念館