上越学ぶ・体験する

第一回「お初目にかかる、武将である!」

北陸自動車道 上越IC
越後上越 上杉おもてなし武将隊
越後上越 上杉おもてなし武将隊
~新潟県上越市 春日山城 麓~

十吾郎
「お館様~!」

「た、大変にござりまする~!」

「お館さま~~~!!!」

謙信公
「騒がしいぞ!何事じゃ!」

十吾郎
「はっ!」
「なにやら、此度より¨電子瓦版『ニイガタドライブ』様に¨我ら武将隊の出張武録が掲載される!武将隊がライタ~になる!とのことにござりまする~!」
「…ほら、そちらにカメラというものが…」

謙信公
「なんと!」
「これは既に“おんえあ~”されておるのか?これはいかん!直ぐに皆を集めよ!」

謙信公
「いやいや~取り乱して申し訳ない…。それでは改めて、我ら越後上越上杉おもてなし武将隊!
2011年4月29日に¨ふるさと越後は新潟県上越市を日ノ本中に知らしめんと、戦国時代より永き時を超え甦って参った武将隊である。」

「本日は第1回目の出張武録…。先ずは、我らの活動拠点となっておる本陣「上越市埋蔵文化財センター」を紹介致そう!」

つばめ
「足軽のつばめにございます!」
「こちら埋蔵文化財センターは上越市内から発掘された埋蔵文化財を研究・保管・公開する施設です。
市内の歴史に関する展示のほか、調査室の大きな窓からは、出土品の整理や復元作業を見ることができますよ!」

十吾郎
「足軽組頭 十吾郎に御座りまする!」
「只今、埋蔵文化財センターでは企画展「籠峰縄文人のくらし」開催中で御座いまする。
市内の縄文時代の遺跡の中から籠峰遺跡に焦点を当てて、出土品を通して当時の人々の暮らしを紹介する展示となっておりまするよ~!」

まつえ
「女武者隊 隊長のまつえに御座いまする!」
「ここからはいよいよ我ら武将隊が普段ご案内している『謙信公と春日山城展』で御座いまする。
入口からこのように当時御館様が使っていたとされる甲冑(の復元)が迎えてくれますぞ!なんと館内は写真撮影も可能に御座いまする!」

景勝公
「上杉家二代当主 上杉景勝である。」
「この企画展では甲冑などの展示物だけではなく、このような特大の書…いわゆる「パネル」というものを用いて謙信公やこの景勝の歴史を紹介しておる。」
「上杉家の歴史や春日山城について存分に学んで頂きたい…!」

謙信公
「越後国主 上杉謙信じゃ。」
「ここは大河ドラマ『天地人』にて実際に使用された本丸のセットである。同じくドラマ内で使用された衣装を着て、記念撮影が出来るのじゃ!わし気分に浸るがよいぞ。」

謙信公
「さぁ、どうであった?」
「越後国内に住んでいる者でも、まだ訪れた事がないという者も多いであろう。越後上越はかつての越後の中心地…。
是非この春日山城にお越し頂きたい!そしてその際は、この埋蔵文化財センターに立ち寄れば更に楽しむ事が出来るぞよ~!」

つばめ
「入館無料にござりまする~!」

まつえ
「なりきり謙信公の甲冑体験も出来まするぞ~」

十吾郎
「あっ!8月には、お館様の遺徳を讃える『第92回謙信公祭』も御座いまする!詳しくはまたの機会に~!!」

景勝公
「うむ、今後の上越の催しや武将隊の最新情報に関しては我ら武将隊の電脳本陣、ホームページもチェックしてみてくだされ!
日々の武録や観光スポットめぐりの動画など見所満載じゃ!
そして毎月一回、ニイガタドライブ武将隊武録として、春日山城跡、そして、越後上越のよきところを紹介して参る!次回もお楽しみにな!」

【上越市埋蔵文化財センター/謙信公と春日山城展】
所在地: 〒943-0807 新潟県上越市春日山町1丁目2-8
時間:
9時00分~17時00分(最終入館16:30)/なりきり謙信公(無料甲冑体験)10:00-12:00/13:00-15:00
電話: 025-521-6280

上越学ぶ・体験する
越後上越 上杉おもてなし武将隊
越後上越 上杉おもてなし武将隊

2011年4月29日 越後上越を盛り上げる為、戦国時代より蘇った上杉軍。
越後の龍「上杉謙信公」を筆頭に、二代当主「上杉景勝公」、女武者隊隊長「まつえ」、足軽組頭「十吾郎」、足軽「つばめ」が春 日山城跡を中心に日々「おもてなし」という名の戦を展開中!

【主な活動内容】
・上越市埋蔵文化財センター・春日山城跡でのお出迎え・ご案内
・週末など開催の「春日山城おもてなし演武」の披露
・ブログやSNSを使った観光情報発信
・新潟県内外、上越市内外での祭り・催事でのステージパフォーマンスや会場賑やかし

このライターの記事一覧

「上越」エリアの記事