見て、食べて、遊ぶ! 子供たちと行く上越満喫ドライブ

月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子

食欲の秋、読書の秋、睡眠の秋。

みなさんはどんな秋を迎えていますか?

朝晩すっかり涼しくなって、睡眠時間が増えている編集部佐藤です。

 

前回、カニを目当てに糸魚川市までドライブをした私たち親子ですが、

またまた上越へ行ってきました!

娘2人とガールズトークを繰り広げているうちに到着しました。

最初の目的地はこちら!

この夏生まれ変わってオープンした、上越市立水族博物館「うみがたり」です!

市内の水族館にしか連れて行ったことがなかったので、リニューアルしたら絶対に娘たちを連れてこようと心に決めていたんです♪

2人は大の魚類好き…笑

日本海をテーマにした壮大なスケールの大水槽には、足元までアクリルガラスでできた水中トンネル。

360度さまざまな角度から魚たちを見ることができます。

まるで海の中にいるような、神秘的な体験ができました。

 

そして一番会いたかったのはこの子!

新しく仲間入りしたシロイルカちゃんです~! かわいい~!!

この表情を見ただけで、日頃の疲れがどこかに飛んでいきました。

娘たちも「かわいい!」を連発ww

その後もいろいろな魚たちを見られて、2人とも大満足!!

おなかも空いてきたので、お昼を食べに移動します。

 

和食大好きな私たち親子。お昼ごはんはやっぱり魚♪

ということで、「うみがたり」から車で5分ほどの場所にある「軍ちゃん 直江津店」さんへ。

元・能生漁港直送の地魚、地場産のコシヒカリと野菜、そして豊富な地酒と、地元の食材にこだわる人気の和食居酒屋です。

 

注文したのは、「海鮮丼(並)」972円。

刺し身とご飯が別々の器で提供されます。魚介は常時10種類以上というから、そのコストパフォーマンスに驚くばかりです。

おいしいご飯とおいしい魚。新潟だから楽しめる美味ですね。

 

 

 

おなかも満たされたので、午後はアウトドアを楽しむことにします。

車で20分ほど走り、日本スキー発祥の地・金谷山へ。

こちらのオフシーズンは、山頂から一気に滑り降りるボブスレーを楽しむことができるんです。ワクワクw

 

スタート地点はこんな感じ。上越市外を一望できる標高約100m地点です。

全長450mのコースは、途中傾斜が急なポイントがあってスピードはぐんぐんアップ!

絶叫マシーン好きな私は、途中の絶景もたっぷり堪能できましたよ。

 

1回150円とリーズナブルに楽しめるボブスレーを堪能して、いよいよ帰路につきます。

その前に、もう1件立ち寄りましょうか。

 

上越市にはおいしいスイーツがたくさん!

来るたび、どのお店に寄るか迷ってしまうんですが、今日はこちら☆

「REGINA SWEETS & BAKERY(レジーナスイーツアンドべーカリー)」さんです。

オープンしてまだ3年ほどのお店ですが、建物が町のランドマーク的存在になっているほど地元で親しまれています。

中に入ると、こんなにおしゃれ~!

娘2人、若干緊張しているのか、背筋が伸びております(笑)。

 

色とりどりのケーキを前に迷いに迷った末、決まったケーキ。

まずはお持ち帰りするスイーツをチョイス!

なぜなら、こちらにはカフェスペースがあって、

女子なら気持ちが上がること確実なメニューがそろっているんです。

今日はこちらで食べて帰ります!

いるだけで優雅な気分に浸れる空間。

普段やんちゃな娘たちも、心なしかレディに見えますww

いつもよりほんの少しおしとやかに、パンケーキをいただきました。

女子っていいね~♡

 

 

見て、食べて、遊んで。

それ以外にも、ドライブ中の娘との会話は何より楽しいもの。

2人とも帰りの車中はグッスリでしたが、

そんな寝顔を見るのもいい思い出になります。

次はどこに連れていこうか…秋の夜長に計画しようと思います。

月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子
新潟市 出身

新潟市出身。月刊新潟Komachiでファッションページを担当する2児の母。

現在、元気すぎる子どもを満足させる週末の過ごし方を模索中。

子持ちのアラフォー、がんばります。

体験コース

DRIVING COURSE

  • 1日目
【E49】磐越自動車道 新潟中央IC

車で約1時間18分

北陸自動車道 上越IC

車で約10分

上越市立水族博物館「うみがたり」

車で約3分

軍ちゃん 直江津店

車で約21分

金谷山

車で約10分

レジーナスイーツアンドべーカリー