川と街道の町・晩秋の津川へ ~前編~

『新潟発R』編集部 高橋真理子
『新潟発R』編集部 高橋真理子

長い冬が来る前に、福島県境の阿賀町・津川へ晩秋ドライブ。

阿賀野川の船運と会津街道の文化が色濃く残っている津川。
まちなかには「トンボ」と呼ばれる雁木が残り、
その気候条件から酒蔵や発酵食品の店が点在しています。
今回も「酒旅」ということで、ドライバーと共に
地酒はもちろん、糀を使った発酵グルメや街道グルメを訪ねました。

磐越道津川ICを下りて国道49号を突っ切り、津川のまちなかへ。
まずは津川のシンボルである麒麟山のふもとまで行ってみました。
常浪川はこのすぐ下流で阿賀野川に合流します。

常浪川にかかる城山橋たもとには、「麒麟山酒造」の本社があります。
通常酒蔵見学はできませんが、5月3日の「狐の嫁入り行列」当日のみ、事前予約制で酒蔵見学ができます。

製造蔵は少し離れたまちなかにあります。

 

http://kirinzan.co.jp/

 

 

 

河川敷の麒麟山公園が「狐の嫁入り行列」の結婚式会場になります。

結婚式が終わると、狐の夫婦は船で川を渡り、

麒麟山へと消えてゆきます。とても幻想的なお祭りなので、5月3日にはぜひ訪ねてみてください。

町の人たちがきつねメイクで出迎えてくれます。

 

津川には「麒麟山」蔵元の麒麟山酒造と、「麒麟」「蒲原」蔵元の「下越酒造」の2つの酒蔵があり、

麒麟山酒造の製造蔵と下越酒造は津川のまちなかに位置します。

こちらが麒麟山の製造蔵。残念ながら見学はできません。

こちらが下越酒造。予約制で見学ができます。土曜、日曜、祝日の対応については電話で相談してみましょう。

 

http://www.sake-kirin.com/

 

製造蔵を見学させていただきました。

残念ながらこの日、酒造りの作業は終わっていましたが、出来上がった麴を見たり、

タンクの中で発酵中のもろみの香りをかがせてもらったり……。

酒造りの現場を案内していただきました。

 

見学のあとはお楽しみの試飲!

下越酒造さんが力を入れている分野の一つ、長期熟成酒。

熟成により生まれる深みやまろやかさがたまりません。

2001年、2008年、2015年の3種類を飲み比べました。

 

次は下越酒造の向かい側にある奥阿賀グロッサリー「コンビリー」へ。

 

https://m.facebook.com/combirie/

地域おこし協力隊として移住した柳沼洋介さん、沙織さん夫妻が2016年5月にオープンしたお菓子とパンのお店。

柳沼沙織さんはパティシエ。夫の洋介さんは企画担当。

 

栗やクルミなど地元の食材を生かしたパンや焼き菓子、アイスクリームなどを販売しています。

一番人気は食パン。

「おにぐるみレーズンとクリームチーズ」などのハード系も充実してます。

お気に入りを選んでお土産に。アイスクリームも購入。

地元の窯元とコラボしたオリジナルの栗皿も!

こちらは日出谷小学校の生徒たちと共同開発した、えごまドレッシングとふりかけ。

 

後編に続く♪

 

https://www.niigatadrive.com/?p=5792&preview=true

『新潟発R』編集部 高橋真理子
『新潟発R』編集部 高橋真理子
群馬県 出身

新潟在住歴20数年。新潟の自然、食、酒、人を取材しながら、いまだに日々

感激している新潟大ファン。10月10日に『新潟発R』8号「旅するFOOD 風土」が発売さ

れました。ぜひご覧ください。

体験コース

DRIVING COURSE

  • 1日目
【E49】磐越自動車道 津川IC

約5分

下越酒造

すぐ

コンビリー

約1分

狐の嫁入り屋敷

約2分

宮川糀や

隣接

肉のあおやぎ

すぐ

山崎糀屋

約1分

桝屋商店

約5分

【E49】磐越自動車道 津川IC