磐越自動車道で福島へ! 遊んで食べて少し早めの春休み《前編》

月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子

お子さんを持つパパさん、ママさん。

とうとう始まりましたね、春休み!

Komachi編集佐藤です。

 

春休みの予定はまだ決めていませんが、

先日、時間が取れたので、ちょっと早めの春休みということで遠出をしてきました。

 

行き先は福島県二本松市の「東北サファリパーク」!

新潟市から磐越自動車道を利用して2時間ちょっとの快適ドライブ。

大好きな動物たちを目の前で見ることができるとあって、

2人の娘もテンション高い!

実は、東北サファリパークには一度行ったことがある娘たち。

でも小さかったせいか、2人とも覚えていない…

なので私にとってはリベンジ、彼女たちにとっては初体験です。

じゃじゃ~ん♪

さっそく登場したのはキリンちゃん。

車の窓から専用のエサをあげることができます。

長ーい首を伸ばして好物の葉っぱをムシャムシャ。

きっと想像以上にキリンが近くに来たのでしょう。

次女の表情が一瞬こわばったのを見逃しませんでしたよw

こちらは、本日のベストショット☆

正面から見ると愛きょうたっぷり。困り顔がたまりません♡

 

お次はこちら!

ホワイトライオンです!

なんて美しいんでしょう☆

毛が白いのは、突然変異なんだそうで、世界中を数えても数百頭しかいないんだとか。

アフリカでは、神の使いと言われているそうですよ。

こんな穏やかな表情も。

こんなに大きい百獣の王ですが、ネコ科ですからね~。

ネコを愛してやまない私には、この表情は反則です。

連れて帰りたくなっちゃうわ~。

車をゆっくり走らせていると、こんな光景を見ることもできます。

ゆったりゆったり……時間までゆったり過ぎていくようでステキでした。

 

 

東北サファリパークには、愛らしくて人気の動物もいます。

レッサーパンダくんです!

立ってますよ!

モフモフでコロコロしてて、まるでぬいぐるみのよう。

これには娘たちも「かわいい~!」を連発。

遊ぶのに夢中で写真が少ないですが、

ほかにもサル劇場やアシカショーを見たり、ふれあい楽園でウサギやヒヨコに触ったり、

いろいろなお楽しみがありました。

大人も夢中になれると思いますよ!

 

最後はこちら。

ゾロゾロと歩いてきたフラミンゴたちがキレイで、しばらく見とれてしみました。

うらやましい脚線美……♡

 

 

また来ようねと娘たちと約束して、名残惜しいけどサファリパークを後にしました。

この後、せっかく福島に来たなら!とある場所を目指しますよ!

 


後編に続く…

https://www.niigatadrive.com/archives/6751

月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子
新潟市 出身

月刊新潟Komachiでファッションページを担当する2児の母。

現在、元気すぎる子どもを満足させる週末の過ごし方を模索中。

子持ちのアラフォー、がんばります。

体験コース

DRIVING COURSE

  • 1日目
【E49】磐越自動車道 新潟中央IC

車で97分

【E49】磐越自動車道 猪苗代磐梯高原IC

車で41分

東北サファリパーク