夏の津南町でリフレッシュ! 癒やし&ラーメン旅

月刊新潟Komachi 編集部員 河村秀征
月刊新潟Komachi 編集部員 河村秀征

こんにちは。Komachi編集部の河村です。

梅雨まっさかりで…インドアライフに拍車がかかっている私ですが、実は、夏といえばココ!というおでかけ先がありまして。

いつもより少し早いけど、気分転換がてらドライブしてきました。

 

新潟市から北陸自動車道経由で約2時間。

津南町にやってきました。

GWに来た時にはまだ道路に雪があってビックリしたものですが。

 

私のお気に入りスポットは「龍ヶ窪」。

竜が三日三晩雨を降らせてできたという竜神伝説がある池です。

緑すごくないですか!?

写真、加工していませんよ!

湧水口からは毎分30トン、1日約43,000トンが湧き出すそう。

その豊富な水量から、決して濁らないと言われているんです。

遊歩道が整備されているので、ぜひ池の周囲を散策してみてください。

新緑に包まれた遊歩道を歩いていると、本当に癒やされますよ。

途中にある神社でパワーを分けてもらいましょう。

ちなみに駐車場のすぐ近くに湧き水を飲めるスポットもあります。

散策前と後に、ここで水分補給をしていくといいですよ。

 

 

毎年この時季になると、足を運んでいるんですよね。理由はわかりませんけど。

多分、龍ヶ窪の美しさというか、独特の聖域のような雰囲気に、日々の疲れとかストレスが発散されるんだと思います。

もちろん来年も来たいと思います。一人で!(笑)

 

 

すっかり優しい顔つきになったであろう、自然に抱かれた私。

せっかくここまで来たんですから、帰りはラーメンを食べて帰りましょう!

六日町ICを降りてすぐのところにある「麺処 清水」さんです。

新潟市、三条市、長岡市と次々に店舗がオープンしている注目店ですが、県内最初の店舗は南魚沼なんですよね。

清水さんといえば、こちら。「塩煮干しそば」です。

こんなに美しいビジュアルのラーメンがあるでしょうか!?

しかも決して撮影用ではなく、普通にお店で注文してもこのビジュアルで提供されますよ。

 

透き通った琥珀色のスープなんですが、驚くほどうま味たっぷり。

見た目とは裏腹の一口目のインパクトに、絶対に驚くはず。

歯切れのいいストレート麺と相性抜群です。

しかも、なんと1杯600円! 本当に満足度が高い1杯です。

 

 

先回も書いたように、私はKomachiのラーメン特集を担当しています。

つまり、ラーメンを食べることが仕事なのです!

(この仕事を始めて15キロは太りましたが…)

 

というわけで、もう1軒寄ってみました。

同じく南魚沼市にある「喜八」さん。

地元の人はもちろんですが、私みたいに遠方から訪れるファンが多いお店です。

 

というのも……

見てください、この真っ赤な感じ!

こちらが喜八さんの名物「超激辛ラーメン」!

もうすでに汗が出てきています。

ゲンコツと鶏ガラを煮込んだダシに3種のみそを合わせたスープが、大量のトウガラシとハバネロで真っ赤に染まっています。

 

猛烈な辛さ!でもうまい! でも…辛い!辛いよ!

途中でいったい何と戦っているんだろうと思いながらも、麺を食べる手が止まらないんですよね! ヤミツキってこういうことなんだろうなぁ。

ふううううううううううううううう。完食。

ちなみにさらに辛さの段階は完食すると、さらに上の辛さに挑戦できるんだとか。

私は…遠慮します(笑)。

 

 

激辛だけじゃなく、ピリ辛のネギ味噌ラーメンなど、普通のメニューもありますよ。

南魚沼で昔から長く愛されているお店です。ぜひ訪れてみてください。

 

 

今年は、梅雨の真っ最中に訪れたわけですが、いつもは7月下旬か8月上旬に行くんですよね。

その理由はコレ!

津南町の名物であるひまわり畑です。

この光景のためなら、訪れる価値は十分ありますよね。

(写真は以前取材で訪れた時のものです)

今年も行けたらいいな、と。

 

龍ヶ窪に行って、ひまわりを見て、ラーメンを食べて…。

本当にリフレッシュできる夏の一日です。

 

細かく計画を立てる必要なし! とにかく高速に乗って車を走らせれば、いくらでも自然が残っている場所に行けますからね。

あとは自然のパワーをいただいて、リフレッシュするだけ!

自然が数多く残る新潟ならではの休日の過ごし方だなーって思いますね。

(ラーメンは自然と関係ないですけど)

新潟の自然ってすばらしい! ラーメンもすばらしい!

次回もおいしいラーメンとすてきな場所を紹介しますね。

月刊新潟Komachi 編集部員 河村秀征
月刊新潟Komachi 編集部員 河村秀征
見附市 出身

月刊新潟Komachiのラーメン担当として、休日でもリサーチと称して、1日に何杯もラーメン食べ歩いています。
おかげで入社から1年で10キロは太りました…。

見附市出身、30代、独身!

体験コース

DRIVING COURSE

  • 1日目
【E49】磐越自動車道 新潟中央IC

車で約52分

【E17】関越自動車道 越後川口IC

車で約1時間

龍ヶ窪の池

車で約50分

麺処 清水

車で約5分

喜八

車で約44分

津南ひまわり広場