“伊達美味”に出会う仙台日帰り旅

月刊新潟Komachi 編集部員 河野文香
月刊新潟Komachi 編集部員 河野文香

新年あけましておめでとうございます。

皆さんはどんな年末年始を過ごしましたか?

 

時間ができると隣県へドライブする私は、今年もその趣味を続行♪

先日は仙台へお出かけしてきました。

 

新潟市内から高速道路を使って3時間半ちょっと。

仙台へも日帰りでラクラク行けちゃいますね。

 

年に一度は仙台へ行っていますが、必ず最初に立ち寄るのが、昔むかし仙台城があった青葉山公園。

城下町・仙台を象徴する名所です。

ここで伊達政宗像にごあいさつ。

伊達政宗の名前は、歴史に詳しい人はもちろん、私のようにあまり詳しくない人でも聞いたことがあると思います。

そんな伊達政宗の居城・仙台城があった場所が青葉山公園だそうです。

城跡は長い歴史が刻まれた石垣や復元された大手門脇櫓に当時の面影が残ります。

そして何より、仙台市街を一望できる絶景スポットとしても有名。

ここで深呼吸して、仙台の空気をいっぱい吸ってから私の仙台旅が始まります。

 

 

腹が減ってはなんとかと言いますが。私もまずは腹ごしらえ。

名物・牛タンのお店はたくさんありますが、私のお気に入りはこちら。

「たん焼き 山梨」さんです。

山梨さんは街中から少し離れた路地裏にある、伝統の味を守る名店。

看板メニューの牛タン定食A(1,400円)は、注文を受けた後に一食ずつ丁寧に調理してくれます。

牛タンの厚み、伝わりますか?

こんなに厚いのに簡単にかみ切れるほど柔らかいんですよ!

表面と中に上手に火が通る厳選した炭を使い、余熱時間まで計算して焼き上げているんだとか。

まさに熟練の技ですね!

うしろに映っているテールスープもコクがあってクセになるお味。

定番の牛タン定食ですが、お店によってさまざまな特徴があるので、ぜひお気に入りの1件を探しに食べ歩いてみてください。

 

 

時間があるとひとりで美術館へ行くこともある私が向かったのは、山梨さんからほど近い場所にある「せんだいメディアテーク」さん。

全面ガラス張りの建物は、世界で活躍する建築家・伊東豊雄さんのもの。

中にはギャラリーや図書館、カフェなど仙台の情報や文化の発信拠点としてさまざまな機能を持つ複合施設です。

柱を使わない斬新な設計や、壁をほとんど使わない室内設計は世界的にも評価が高いんだとか。

建物だけでも一見の価値があると思いますよ!

こちらは自由に閲覧できる市民図書館。春には窓の外にケヤキの緑が広がるそうです。

 

 

スタイリッシュなロビーもありますよ!

仙台に住んでいたら、ちょっとした休憩に通いつめちゃいそうです。

 

 

仙台グルメといえば牛タンのほかに何を思い浮かべますか?

笹かま、セリ鍋……いろいろあるけれど、私は「ずんだ」!

ということで、仙台駅の中にある人気のお店へ行ってきました。

JR仙台駅の3階にある「ずんだ茶寮 仙台ずんだ小径店」さんです。

仙台市内に5店舗を展開するほか、東京、大阪、羽田空港にも店舗がある、言わずと知れた超有名店。

茹でた枝豆をすりつぶし、砂糖を混ぜた“あん”をつきたての餅にからめた「ずんだ餅」。

こちらのずんだ餅は、香り高くて上品なお味がたまらないのです。

街歩きのお供にしたい「ずんだシェイク」や、お土産にぴったりな「ずんだロールケーキ」など、ずんだを使ったいろいろな商品を販売しています。

もちろんおみやげもこちらで購入~。

仙台みやげに迷ったら、特に女性にはこちらのスイーツをぜひ!

 

今日足を運んだ場所以外にも、仙台には魅力的なお店や観光スポットがたくさんあります。

遠いようで気軽に行ける仙台ドライブ、おすすめですよ!

月刊新潟Komachi 編集部員 河野文香
月刊新潟Komachi 編集部員 河野文香
新潟市 出身

新潟市出身。お酒と器が大好きで、まとまった休日は各地の窯元や陶器市を巡り散財。

直売所と道の駅、酒蔵、ブルワリー、ワイナリーも必ず立ち寄る、根っからの酒食道楽。

今年は全国各地の窯元を制覇したい!

体験コース

DRIVING COURSE

  • 1日目
【E49】磐越自動車道 新潟中央IC

車で約3時間10分

【E4】東北自動車道 仙台宮城IC

車で約10分

青葉山公園・仙台城跡

車で約9分

たん焼き 山梨

車で約4分

せんだいメディアテーク

車で約7分

ずんだ茶寮 仙台駅ずんだ小径店