中越遊ぶ・見る学ぶ・体験する癒す・温泉食べる・買う

長岡市に誕生した新ランドマークと進化したB級グルメを満喫

【E17】関越自動車道 長岡IC
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子

新年あけましておめでとうございます!

いつもと違う状況の中で迎えたお正月となりましたが、のんびり過ごせましたか?

我が家は混雑を避けるため日と時間をずらして初詣に出かけました。

それ以外はひたすら家でのんびり……。

休養十分の佐藤家、今年もしっかり感染対策をしてお出かけを楽しみたいと思っています。

 

2021年の1本目となるブログは、新潟を代表する“あるもの”にちなんだ施設です。

新潟といえば……思い出す物は何ですか?

これ、県外に住む友人によく聞いていた質問なんですが、

回答のTOP3は「米」「酒」そして「長岡花火」!

 

日本三大花火のひとつとして知られる長岡花火。

昨年は残念ながら中止となってしまい、なんだかスッキリとしない夏になってしまいました。

そんなモヤモヤしていた気持ちをときめかせてくれたのが、「道の駅 ながおか花火館」オープンのニュース!

 

2020年9月のオープンと同時にとはいきませんでしたが、

まだ真新しい花火館を目指してドライブしてきました♪

お客さんがたくさんいたので、Komachiで撮影した写真で紹介しますね。

 

「道の駅 ながおか花火館」は、関越自動車道長岡ICから車で3分とアクセスも抜群!

長岡花火の歴史や魅力を楽しく学べるミュージアムをはじめ、長岡の名店が集まるフードコート、地元の名産品がそろう物産館など、長岡を存分に堪能できる施設が並びます。

こちらは展示室。

迫力ある花火の映像が流れています。

 

さらに花火を体感したい人には、2階にあるドーム型の花火シアターがおすすめ。

上映時間と上映プログラム、観覧料は、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

フードコートには、長岡名物の洋風カツ丼をはじめ、モツ煮込み、ラーメン、フルーツサンドなどのお店が並びます。

照明が花火っぽくてかわいいですね♡

こちらは、プロジェクションマッピングを用いた新しい形のレストラン。

花火をバックに食事を楽しめるそうです。

ミュージアムでは、ここでしか買えないオリジナルグッズも。

長岡の銘品がそろう「御貢屋(おみつぎや)」は、おみやげ選びにぴったりです。

 

なお、ショップとシアター、展示室は水曜がお休み、その他施設点検のため不定休があるそうなので、お出かけの際はご注意を。

 

 

 

フードコートでお昼ごはんを食べそこねた私たち……。

今日は、長岡のソウルフード「洋風カツ丼」を娘たちに食べてみてほしかったので、

花火館を出て市街地に向かいました。

到着したのは、「PEOPLE’S KITCHEN タカゼン」さん。

2019年にオープンした、まだ新しいお店です。

こちらのオーナーシェフは、長岡洋風カツ丼を生み出した今はなき名店「小松パーラー」で修業を積んだ方。

名店直伝の洋風カツ丼をはじめ。オリジナルの洋食メニューも楽しめます。

長岡で愛され続ける洋風カツ丼はこちら!

ごはんの上に揚げたてのカツ。ソースは、ファミリーソースと呼ばれるケチャップベースの優しい味。

これが不思議と止まらないんです。

私にとっては懐かしい味なんですが、娘たちにとっては新しい味なのかなぁ。

喜んでもらえてよかった!

私はシーフードカレーをチョイス。

大ぶりのエビが入って食べ応え満点!

大人好みのスパイシーな味わい……これぞプロの味ですね。

 

今回のシメは、というより今回“も”ですが(笑)

佐藤家の定番コース、日帰り温泉です♪

 

長岡市のおとなり、見附市にある、「みつけ健幸の湯 ほっとぴあ」さんへ行ってきました。

 

ほっとぴあさんは、9つのお風呂とさまざまな癒やしのサービスが受けられる複合施設。

1階は食堂、ボディーケア、休憩スペース、2階はお風呂とサウナ、3回は岩盤浴と漫画コーナーと、実にバラエティーに富んでいます。

 

こちらもKomachiで撮影した写真で紹介しますね。

まだ新しく、清潔感あふれる大浴場。

写真のあつ湯のほか、ジェットバス、ぬる湯、サウナを楽しめます。

露天風呂も壺湯、炭酸風呂、寝転び湯と充実!

仮眠ができる休憩室は居心地抜群。思わず本気で寝そうになりました(笑)。

こちらはマンガコーナー。

脇にあるカフェでドリンクを注文すれば、マンガ喫茶気分でのんびり過ごすことができます。

私、ほっとぴあさんで1日過ごせるなと思いました!

 

後ろ髪を引かれながら帰路についた私と娘たち。

何度もお出かけしている長岡ですが、まだまだ新しい発見や出会いがありそうです。

今年も何度か遊びに行こうと思います♪

中越遊ぶ・見る学ぶ・体験する癒す・温泉食べる・買う

DRIVING COURSE 体験コース

  • 1日目
【E17】関越自動車道 長岡IC

車で約3分

道の駅 ながおか花火館

車で約14分

PEOPLE’S KITCHEN タカゼン

車で約27分

みつけ健幸の湯 ほっとぴあ
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子

新潟市出身。月刊新潟Komachiでファッションページを担当する2児の母。

現在、元気すぎる子どもを満足させる週末の過ごし方を模索中。

子持ちのアラフォー、がんばります。

このライターの記事一覧

「中越」エリアの記事