佐渡遊ぶ・見る食べる・買う

フルーツと紫陽花に癒される、大人の女子旅“佐渡島”

南雲純子
南雲純子

妄想旅人、南雲です。妄想?と不思議に思うかもしれません。旅は誰とどんな想いで行くかによって行程、選ぶ店、過ごし方が変わってきます。「こんな人がこんな人と一緒に、こういった想いでドライブしている」というイメージで妄想シリーズを展開しております。

*モデルと本文とは関係がありません。

それでは妄想ドライブ旅、スタート。今回の旅人はこちら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
旅人:越後湯沢在住、尚子。新潟市内に住む友人2人とは、写真や美味しいもの等の趣味が合い、たまにドライブや旅行をする。

あるとき、グループ通話をしていて、日帰り旅行に行きたい!と三人で盛り上がる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

【SNSのグループ通話】
私「最近、テレビや雑誌で佐渡が凄いけど佐渡行きたいな~。」
裕子「え、私も行きたい。」
陽子「私も行きたい場所があったんだ。」
私「みんな、チェックしていたんだね。どこに行きたい? 一斉に言ってみる?せ~の」
“ドンデン山荘と青カレー”
“博物館の紫陽花としまふうみ”
“蓮華峰寺と日和山”
びっくりするくらいバラバラだね。でも、美味しいものがちゃんと入っているところが私たちらしい。じゃあさ、全部行っちゃう?

【ドライブ当日】越後湯沢に住んでいる私は7時ちょっと前に出発。145㎞の距離も高速道だから楽々。船に車を積み込んで船内で待ち合わせをしたふたりと佐渡まで2時間半の船旅を満喫し、約40分ドライブして裕子の希望でドンデン山荘でお昼を食べることにした。

 

 

■ドンデン山荘

裕子「お水にレモンかけると色が変わるみたいだよ。絞ってみるね。変わった?」
青い水はレモンの雫が垂れた下の方からじわじわと紫に変わっていく。
陽子「キレイだね、ほんと紫陽花みたい。あ、カレー来た!噂通り。本当に青い。そしてこの鶏肉がなんだか青い海に浮かぶ佐渡島みたい。」

シェフ「カレーにもレモンかけてみてください。」

三人「おお~っ」
ココナッツミルクの香りが広がるスパイシーな本格カレー。驚きの青はハーブの花を使ったものだそう。両津港から山に登り、ドンデン山荘で食事をした私たちは両津へ戻らず反対側の相川方面へ向かった。途中、風景写真が得意な裕子が「うわ!凄い滝があるよ。」と歓喜の声を上げたので車を停めて緊急撮影会。こんなダイナミックな滝が登山もせずに道路脇で見られるのは凄い。

濃霧でドンデンは幻想的な雲の中だったけれど、晴女裕子のパワーか途中から青空が顔をのぞかせた。

 

 

■相川郷土博物館
「みんな佐渡ファンだから北沢浮遊選鉱場は来たことあるでしょ。ここ、知ってる?」 選鉱場の近くにある博物館の裏へ、私は嬉しくて駆け出した。ここで写真を撮りたくて、普段絶対に着ないようなピンクのワンピを買ったのだ。 「紫陽花と同化しているね。でも、やっぱり尚ちゃんは雨女だわ、傘が似合ってる。」「あはは。でもすごく良い場所だね。」と二人の声が聞こえた。

■しまふうみ
ここのお庭が凄いのよ、ちょうどいま紫陽花がキレイだと思って。

いつもは通らない、お庭に下る道を通ってお店に向かった。陽子の青い服も紫陽花に溶けこんでいた。やっぱりここでは西三川のりんごジュースよね。定番のジュースも紫陽花に映えて素敵だった。

■蓮華峰寺
「ふたりが行きたかった場所、すごく良かった。次は私ね。」と言って、神社仏閣が好きで佐渡の八十八か所めぐりもしたことがある陽子が案内してくれた。ここには国の登録有形文化財がいくつもあるのだとか。

佐渡一の紫陽花名所ということで、佐渡のあじさい寺とも言われているとかでたくさんの花が咲き誇っていた。ここでも、時折雨が強くなったり、突然光がさしたり、空も賑やかだった。

 

 

■佐渡ヶ島・小木町 日和山
「パスタも美味しいんだけれど、今日は佐渡のフルーツたっぷりのパフェがどうしても食べたくて。」蓮華峰寺に続き、このお店をセレクトしたのは陽子。注文したのは桃とプラムの贅沢パフェと、さくらんぼと枇杷のパフェ。

陽子「本当に佐渡って果物王国だよね。季節のフルーツたっぷりのケーキやパフェが食べられて幸せ。」
裕子「星とかお花のチーズケーキもFacebookで見たけど可愛くておいしそうだったよ。」

カフェには、書店や雑貨売り場も併設されている。「この紫陽花色のピアス、素敵」と陽子がピアスを選んでいた。私もマーマレードみたいな透明感あるオレンジがキレイなイヤリングを買った。裕子もトートバッグを見ていた。カフェのこういったスペースではついついお買い物をしてしまう。

 

 

閉店間際までお店にいてから、両津港へ向かった。最終カーフェリーで佐渡を出ても、新潟から高速道路を使えば日付が変わる前に越後湯沢に到着できることに、やってみて驚いた。でも、佐渡には見所も行きたいお店もいっぱいあるから、今度は2泊くらいしてゆっくりドライブ旅行したいな。

佐渡遊ぶ・見る食べる・買う

DRIVING COURSE 体験コース

  • 1日目
【E17】関越自動車道 湯沢IC

車で約1時間28分

【E8】北陸自動車道 新潟西IC

車で約3時間30分

ドンデン山荘

車で約1時間

相川郷土博物館

車で約16分

しまふうみ

車で約30分

蓮華峰寺

車で約5分

カフェ日和山・南書店
南雲純子
南雲純子

新潟県生まれ。雑誌・インターネット予約サイトじゃらんにて19年間、旅行・観光の仕事に携わる。『温泉・その土地でとれた旬を食べる・美しいものを見る・人とのふれあい・感動する・ぐっすり眠る・体験する・伝統歴史に触れる・ドライブ・絶景を写真に収める・情報発信』・・・好きなコトを並べてみたら、みんな旅先にあった。

趣味が高じて、温泉入浴指導員・温泉ソムリエ・国内旅行業務取扱管理者・調理師などの資格を取得。

2014年4月~2016年3月まで2年間、佐渡の観光行政に携わったため、実は地元ネタより佐渡に詳しい。佐渡を愛しすぎて今でも月に1回は必ず訪れ、日々ブログ佐渡旅にて情報発信を行う。

地域活性と観光に関わる会社を2016年10月に立ち上げる。今でもひと月の1/3はどこかを旅している。ニイガタドライブの取材を機に、これらは地元中越エリアにももっと出没しようと心に誓う。

【管理HP・情報発信ブログ】
■越後湯沢Active&Relax http://yuzawa.koiwazurai.com/
■湯沢日和  http://blog.goo.ne.jp/from-yuzawa
■佐渡旅 http://sado-tabi.blog.jp/

このライターの記事一覧

「佐渡」エリアの記事