下越遊ぶ・見る学ぶ・体験する食べる・買う

知る人ぞ知るパワースポット&秋の味覚!心も体も充電できる阿賀野市へドライブ

【E49】磐越自動車道 安田IC
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子

9月に入っても暑い日は続いていますが、だいぶ過ごしやすくなりましたね。

こういう時に夏の疲れが出やすい私、Komachi佐藤にとって、早めのパワーチャージが大切!

ということで、長岡市に住む母と一緒に心と体を癒やすべく、阿賀野市までドライブしてきました。

 

最初の目的地は、神社めぐりが趣味の母と行くならここ!と決めていた

「旦飯野神社(あさいいのじんじゃ)」です。

こちらは、平日でも多くの人が訪れる、万能の力を持つ神をまつる神社。

近年、パワースポットとしてその名が広く知られるようになっています。

鳥居の奥にある本殿。

万能の力を持つ神さまということもあり、厄除けや運気向上、恋愛成就など、さまざまなご利益を求めて参拝者が訪れるそうです。

こちらは「御神霊石」。触れて願いごとを唱えると叶うと言われているそう。

丸い石をなでながら、子どもたちのすこやかな成長と、みんなの健康をお願いしてきました!

こちらは無料でいただける「福あめ」。

無料というのは金銭という意味ではなく、神さまのおさがりという意味が込められているそう。

神さまのおさがり、ありがたくいただきます♪

なんだか食べるのがもったいない(笑)。

 

お昼ごはんは、旦飯野神社から下道を10分ほど走った場所にある「五頭の山茂登」さんで。

山茂登さんは、自然豊かな五頭山のふもとに佇む、釜飯の名店です。

岩船産コシヒカリを天然のアルカリ水で一人前ずつ炊き上げる釜飯は、五目などの定番をはじめ季節ごとのメニューも楽しめます。

旬という言葉に弱い母と私(笑)。もちろん季節のメニューを注文しました。

母は栗釜めし。

新潟県産のクリがゴロゴロ入っています。

母いわく、栗の素朴な甘みと底にできた“おこげ”がたまらない!とのことでした。

 

私はちょっと贅沢に松茸釜めし♪

上に乗ったスライスのほか、ごはんの中には細切れのマツタケもたっぷり!

ふたを開けた瞬間の香り…幸せのひとことでした♡

 

栗釜めしと松茸釜めしの提供は、10月中旬までの予定とのこと。

おいしいお米と水で炊き上げる絶品釜めし、おすすめです!

 

最後は、この近くに来ると必ず立ち寄る「五頭山麓うららの森」へ。

こちらは、五頭の名産品がズラリとそろう物産館。

観光や交通、温泉などを案内する「情報発信館」、そば打ちや陶芸体験など伝統工芸や食文化を学べる「体験学習館」、地元農産物直売所「ゆうきふれあい即売所」に加え、飲食スペースも充実しています。

直売所が大好きな母と一緒に、旬の新鮮野菜を購入しました!

こういう時、作ったことのない料理を母から教えてもらうのも楽しみのひとつです♪

お土産にぴったりな商品がズラリ。

その中で、阿賀野市で作られているリネン用のアロマミストを購入しました!

五頭山麓の天然水を使用してゆっくり蒸留したミストは、天然由来の成分を使用したやさしい香りが特徴だそう。

使ってみると、森林浴をしているかのような自然な香りに癒やされます。

子どもがいる家庭でも安心して使えますね!

 

 

秋の気配をほんのりと感じた阿賀野市へのドライブ。

これからの時季、秋が深まる頃も楽しめそうなので、もう一度松茸釜めしを食べに行こうと思います♪

下越遊ぶ・見る学ぶ・体験する食べる・買う

DRIVING COURSE 体験コース

  • 1日目
【E49】磐越自動車道 安田IC

車で約10分

旦飯野神社(あさいいのじんじゃ)

車で約6分

五頭の山茂登

車で約2分

五頭山麓うららの森
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子

新潟市出身。月刊新潟Komachiでファッションページを担当する2児の母。

現在、元気すぎる子どもを満足させる週末の過ごし方を模索中。

子持ちのアラフォー、がんばります。

このライターの記事一覧

「秋」エリアの記事