中越遊ぶ・見る食べる・買う

大人世代の晩秋母娘旅、水と癒しの津南ドライブ

【E17】関越自動車道 越後川口IC
南雲純子
南雲純子

妄想旅人、南雲です。妄想?と不思議に思うかもしれません。旅は誰とどんな想いで行くかによって行程、選ぶ店、過ごし方が変わってきます。「こんな人がこんな人と一緒に、こういった想いでドライブしている」というイメージで妄想シリーズを展開しております。

それでは妄想ドライブ旅、スタート。今回の旅人はこちら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
旅人:新潟市在住 大人世代の母娘、晩秋の津南路へ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
娘 「この前テレビで見たんだけど、津南にある縦に割れたみたいな岩肌が凄い公園があるみたいなんだけど雪降る前に行ってみたいよね。紅葉、終わったかな。」
母 「柱状節理だね、清津峡とか津南はジオパークでそういう見所が沢山あるみたいだよ。」

検索したその場所は【津南見玉公園】という場所らしく、地元では大地の鼓動が聞こえる谷と呼ばれているのだとか。早速、ナビに入れてドライブスタート。

娘「なんだか、海外みたいな風景だね。」
母「石落としと呼ばれる絶壁なんだって。凄い迫力だよね。それにしても11月中旬とは思えない穏やかな陽気で、こうして落ち葉の中を歩くの、気持ちいいね。」
娘「この近くに神社仏閣あるらしいよ。寄ってみようか。」

娘 「ボケ除け観音様!拝んできたら?」
母 「あなたこそ、スマホばかりやっているから眼病治癒にちゃんと拝んでおきなさいよ。」

仁王門の先に、本堂に上る石段に添うように7段の滝が流れていた。途中、延命水というありがたい水も湧き出ており、のどを潤した。
娘「なんだかお腹すいちゃったね。途中にお蕎麦屋さんあったから寄っていこうか。」

店内には、【津南町消費拡大キャンペーン事業 へぎそば半額】というポスターが随所に貼られていた。

娘 「へぎそば半額だって。おそばと豆富が名物みたいだからへぎそばと、お豆富のステーキ、舞茸天ぷらを注文ちゃおう。」

母 「菊の花の天ぷらもお漬物も嬉しい。鰹節と昆布のつゆも、ふのりの入った蕎麦も美味しいね。」
娘 「この豆富も、昔ながらの手法で作っているんだって。ステーキ、卵とじなんて珍しいよね。ふ~っ、食べすぎちゃった。ご馳走様でした。2階ご自由にどうぞと書いてあったのでちょっと行ってみるね。」

娘「うわ~、民俗資料館みたい。凄いなあ。」

あれこれ見てから階段を降りると、母が会計を済ませて何やら手に小さな小袋を持っていた。
娘 「お米買ったの?」
母 「お会計の時に頂いたのよ。」

米袋に書いてあった【津南 コメ農家の応援プロジェクト】で検索してみると、津南の宿に泊まったり、飲食をした際に「こいぶみ」と名付けられたお米がプレゼントされるのだとか。米袋にはお米のご注文はこちら!とQRコードも記されている。

娘 「へぎそばが半額だったり新米もらえたり、凄いね、津南。近くで日帰り温泉に入れる旅館があるみたいだから、行ってみようか。」

母「玄関にも館内や露天風呂にまで、ゆりの花がキレイに飾られているね。」

娘「本当、キレイだよね。コロナ対策も徹底しているし、気持ちいい。湯上りに“じょんのびコーヒー”飲んでいこうよ。自家焙煎の珈琲屋さんの定番ブレンドなんだって。お菓子も津南のお菓子やさんのものだ。」

珈琲を飲んでまったりしてから玄関を出ようとしたときに、女将さんが声をかけてくれた。

女将「チェアリング、いかがですか」
旅館の裏手にキャンプエリアがあって、折り畳み式のアウトドアの椅子を持って好きな場所で自分の時間を過ごすことができるらしい。
娘 「日帰りなのに、いいんですか?」
女将「どうぞどうぞ ゆっくりしていってください。」

広い敷地内は紅葉のまっさかりで信濃川や滝を眺めることもできる。次の季節に備えて木々は雪囲いも終わっているが、十月桜も咲いていた。

 

母「せっかくだから、もう一か所寄っていかない?昔、龍ケ窪という水のきれいな場所に来たことがあったんだけど、近いんじゃないかな。」

龍ヶ窪の散策道は、陽が落ちる手前だった。紅葉の盛りは過ぎていたが、秋の日差しは優しかった。撮影ポイントで出会う人たちがみな「わあ~」と歓喜の声を上げていた。竜ヶ窪神社の麓には飲料用の湧き水もあった。
娘 「津南って、水が美味しい。さっき看板に名水百選とあったもんね。」
母 「雪深いところだから、水も豊富なんだね。そういえばさっきの旅館の売店にも津南の水も売っていたし。今度、泊まりに来ようか。」
娘「にいがた県民割もあるしまたお得に遊べるね。こっちって清津峡のトンネルとか美人林しか知らなかったよ。良いところ、いっぱいあるんだね。早く計画しなくちゃ。」

中越遊ぶ・見る食べる・買う

DRIVING COURSE 体験コース

  • 1日目
【E8】北陸自動車道 新潟西IC

車で約48分

【E17】関越自動車道 越後川口IC

車で約56分

津南見玉公園

車で0分

見玉不動尊

車で約4分

味処 大平

車で約10分

越後田中温泉 しなの荘

車で約13分

竜ヶ窪

車で約48分

【E17】関越自動車道 越後川口IC

車で約56分

【E8】北陸自動車道 新潟西IC
南雲純子
南雲純子

新潟県生まれ。雑誌・インターネット予約サイトじゃらんにて19年間、旅行・観光の仕事に携わる。『温泉・その土地でとれた旬を食べる・美しいものを見る・人とのふれあい・感動する・ぐっすり眠る・体験する・伝統歴史に触れる・ドライブ・絶景を写真に収める・情報発信』・・・好きなコトを並べてみたら、みんな旅先にあった。

趣味が高じて、温泉入浴指導員・温泉ソムリエ・国内旅行業務取扱管理者・調理師などの資格を取得。

2014年4月~2016年3月まで2年間、佐渡の観光行政に携わったため、実は地元ネタより佐渡に詳しい。佐渡を愛しすぎて今でも月に1回は必ず訪れ、日々ブログ佐渡旅にて情報発信を行う。

地域活性と観光に関わる会社を2016年10月に立ち上げる。今でもひと月の1/3はどこかを旅している。ニイガタドライブの取材を機に、これらは地元中越エリアにももっと出没しようと心に誓う。

【管理HP・情報発信ブログ】
■越後湯沢Active&Relax http://yuzawa.koiwazurai.com/
■湯沢日和  http://blog.goo.ne.jp/from-yuzawa
■佐渡旅 http://sado-tabi.blog.jp/

このライターの記事一覧

「中越」エリアの記事