中越癒す・温泉食べる・買う

年末に向けてパワー充電!十日町で温泉、地元グルメを楽しむ休日

【E17】関越自動車道 越後川口IC
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子

12月に入り、今年も残りわずかとなりましたね。

年末年始に向けて、文字通り忙しくなりそうな師走…。

 

目の回るような忙しさを迎える前にリフレッシュしたいと、

気になるスポットを目当てに十日町市へドライブに行きました。

 

 

まずは、日帰り温泉を楽しめる「千手温泉 千年の湯」さんへ。

寒さが厳しいこの季節、温泉は外せません♪

 

こちらは露天風呂を備えた総ヒノキ造りの「桧風呂」と、玉石を積み上げた「玉石風呂」を男女週替わりで楽しめます。

湯船に入ってくつろぐ時間は至福のひととき。天然温泉をのんびりと満喫できました。

娘たちも「極楽~」「気持ちいいね~」と口にしながら温泉を堪能。

体の芯から温まり、リラックスできました。

源泉掛け流しの湯は「肌がすべすべになる」と女性から好評だそうで、

小学生の娘たちも「すべすべになった♪」と喜んでいましたよ(笑)。

 

 

 

さて、温泉でリフレッシュした後はランチです。

わが家の恒例、「おなか空いた」コールが聞こえてきました(笑)。

 

娘たちからの「お肉が食べたい!」というリクエストに応えるべく、ランチは「越後妻有のごちそう家 ごったく」さんへ。

十日町産の野菜や妻有ポークなど、地産地消にこだわった料理を味わえます。

妻有ポークの生姜焼きにローストポーク、チャーシューがぎっしりのった「妻有ポークの肉まみれ丼定食」(2,090円)は人気メニューのひとつで、妻有ポークの魅力を存分に堪能できます。

汁物やお惣菜の小鉢が3品が付いてこのボリューム!

娘たち、大満足の表情です。その様子を見て、私もうれしくなりました。

 

私は「越後妻有里山プレートランチ」(1,760円)をチョイス。

ボリュームもさることながら、お肉や旬の野菜をバランス良く食べられて満足。

おいしい料理を囲みながら、みんなで幸せなランチタイムとなりました。

 

 

次は気になっていたカフェへ足を運びました。

「ever.doichi」さんは「あたたまる」をコンセプトに、1階がカフェ、2階がジムというユニークなお店。

おしゃれな空間でゆっくりおしゃべりできると、地元でも評判のスポットです。

カフェでは、スペシャルティコーヒーや季節の自家製シロップを使ったドリンク、十日町産の米粉を使った焼き菓子、グルテンフリーのケーキなどを楽しめます。

好みの焼き菓子とドリンクを選んでのカフェタイム。

洗練された空間に癒やされながら、娘たちとのおしゃべりが止まりません(笑)。

家族とのおしゃべりで笑って、おいしいお菓子も堪能できた楽しい時間♪

 

テイクアウトのお菓子もあるので、お土産にもおすすめですよ。

 

ちなみに、2階のジムはチケット制でヨガとパーソナルトレーニングを実施しているそうです。

ジムで体を動かした後は、カフェで休憩するのも良さそうですね。

 

 

 

カフェでひと息ついた後は、ずっと行ってみたかった「BAUMRINGE」さんに向かいました。

妻有町の住宅街にある、おしゃれな外観が目を引くベーカリー。

パンの世界大会で入賞した実績を持つご主人が作るパンは、優しい味わいでファンが多いのだそう。

焼き立てのパンの香りが漂う店内で、それぞれ好きなパンを吟味。

 

リッチな甘さの菓子パンから惣菜パン、正統派のバゲットや食パンが並び、「あれも食べてみたい」「これも気になる」と迷う迷う…(笑)。

いくつか購入して、「明日の朝ごはんが楽しみだね」と娘たち。

ドライブの翌日、家族みんなで早起きして幸せな朝食時間となりました。

 

パンのお土産を購入したところで帰途へ。

 

地元の温泉をはじめ、名物グルメやカフェ、ベーカリーなど十日町の気になるスポットに足を運ぶことができ、忙しい年末に向けてパワーの充電が完了!

 

良い気分転換になったので、12月も元気に乗り切れそうです。

中越癒す・温泉食べる・買う

DRIVING COURSE 体験コース

  • 1日目
【E8】北陸自動車道 新潟西IC

車で約48分

【E17】関越自動車道 越後川口IC

車で約24分

千手温泉 千年の湯

車で約8分

越後妻有のごちそう家 ごったく

車で約9分

ever.doichi(エバードイチ)

車で約6分

BAUMRINGE(バウムリンゲ)
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子
月刊新潟Komachi 編集部員 佐藤亜弥子

新潟市出身。月刊新潟Komachiでファッションページを担当する2児の母。

現在、元気すぎる子どもを満足させる週末の過ごし方を模索中。

子持ちのアラフォー、がんばります。

このライターの記事一覧

「中越」エリアの記事